号泣のわけ

ミントの森Music School主宰
ピアニストの山本実樹子です。


かわいい実がついてるね、
これ、なんだっけ、ひゃ、ひゃく・・・?

と、植物の名前をなかなか覚えられないワタクシに

「万両・・・(・_・)」
と答えてくれたのはあるじです。

すいません、
9900足りませんでした。(* ̄∇ ̄*)


寒くなると
赤く色づきますね。

緑もきれい!




そう。
今日のタイトル。

「号泣のわけ」


小さい生徒さんは時々泣きます。

まぁ、たいていは30分のレッスンを堪能し
楽しげに終わるか、または、
「えっ、もう終わっちゃった('ε'*)」
とかぷつくさ文句を言いながら
2階から降りていく子もいる感じですが、

眠くてぐずぐずになってしまう子や
疲れててふにゃふにゃになってしまっている子もたびたび出現します。


全然平気、ワタシ。


「やったー😆🎶
今日は一緒にお昼寝だ~!(夕方でもね☺)
寝よう寝よう🎵」

とか

「ひゃっほう!
今日は○○ちゃん、先生のおうちにお泊まりか~。
いっぱい遊べるな~。」

とか言って
ウキウキすると

生徒・・・困ります。

いや、困らなくたっていいのに。

お昼寝したっていいのに。

体調をくずしている生徒は別として
なんだかんだで、ちょっとタノシクなり
ぐずぐずしようと思っていたのに
ついうっかり弾いてしまい
ニコニコ帰る、というパターンに陥ります。
ふふ。

でも、この日の生徒は違いました。
不安げに泣くのです。

どうも、おむつをはずして
お姉ちゃんパンツを履いて外出するのが初めてで、とても不安。
ましてや椅子に座るとか、失敗しそうでイヤ。
ピアノの方に気持ちが行って、なにか起きたらイヤ、

だったよう。

大丈夫なんだけどね。

この日は、
「お姉ちゃんパンツでレッスンに来れて、偉かったね!」と、絶賛して、いつものごほうびキャンディを渡すと、安心して落ち着いていました。


そして、その日は
いつもなかなかピアノを独占できない一歳の妹さんが、たいそう機嫌良くピアノを満喫して、満足げだったのでした。

(*≧∀≦*)









今日も佳き一日になりますように。
( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆


◇ ◇ ◇ ◇ ◇

素敵な広がりに感謝!



今日も読んで下さってありがとうございます。
久しぶりにランキングリンクを再開しました。


良かったら一日一回3つともぽちっとして下さい。
banner-2.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがと(*^▽^*)、もういっこね


スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment