音楽修辞 vol.13


 5月19日(金)【びっくり!わかりやすくて使える!音楽修辞 vol.13】

今日は〜表現と直結するアーティキュレートの不思議!〜 

でした。

ミントの森サロンに3名のピアノの先生がお集まりくださり
本日も勉強しました。

中身はなかなか濃いと思うのですが
終始和やかで、笑顔・・・というか爆笑すら度々起こる良い雰囲気です。
・・今日一番の爆笑は
チェンバロのリュートストップの音色を再現した時の
私の鼻に添えた両手指と声の使い方を見られた時でした・・・。
そんなに可笑しかったかなぁ・・・!!(*^_^*)

今日の資料は・・これ!
moblog_d93fa8d8.jpg

先週の復習から始まり、今日はロマン派に参りました。

少人数のため
プチ脱線からの「大事なこと」への小旅行へも
安心して何度も行っては帰って来ています。
moblog_811549a1.jpg

指の個性を生かした演奏、とか
「タッチ」の美しき不均等、とか言われても
じゃあ、具体的にどうすればいいの?
という説明に
「均等タッチ」のオーソリティのようなハノンを使用しました。
ハノンを使って、美しき不均等への練習ができるのです。
これは、まだまだ語り足りないので
「ハノンをものすごく楽しく、しかーも!700倍有効に使う講座」でもしようかしら・・・・。

まあ、この講座やレッスンでは小出しで扱いますので
需要があればまとめてやります。( ̄^ ̄)ゞ

今日のお茶うけ・・。
moblog_27f29339.jpg

可愛い上に、美味しゅうございました。
さっくさく!
(週末の弾きっこ会用にもちゃんと一箱用意してあるからね〜)
moblog_f2854511.jpg

お茶はジャスミンティーです。
moblog_192cf9c6.jpg


次回は、

 6月16日(金)【びっくり!わかりやすくて使える!音楽修辞 vol.14】10:30~12:30
どなたでもご参加いただけます。
〜フランス近代の作品・作曲家へたどる流れと「曲の中の色彩感覚&空気感」について〜 
講師 山本実樹子  参加費2,000円
ミントの森 music school & サロン
お申し込み、お問い合わせ mint_no_mori@yahoo.co.jp または 090-9977-1751

です。

以前にお渡しした「音楽修辞に含まれる事柄リスト」から、
「ご自分の中の感覚をどのくらい信用していいのか、少し不安」とか、
「生徒さんへ説明したり伝えたりする時の方法などをもっと知りたい・・」との
リクエストをいただいたので、次回のテーマが決まりました。


フランス近代と言ったって
ドビュッシー、ラヴェル、プーランク、イベール・・などなど
一人一人とっても違うわけですし、
色彩や空気感という一瞬で得られるものでもあり
説明では伝わらないものでもあり・・なことなので
簡単に考えているわけではないのですが・・・
若い時からたくさん『ナンカチガウ〜〜〜』っと
いっぱい悩んだり苦しんだりして来たことがあるからこそ
実感を持って伝えられることもあります!
(もちろん一生悩み、学んで参りますけれどね)

わかりやすくて使える!とタイトルにも挙げているので
またまた、そうなるように準備いたしますよ〜〜!!
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment