ホールリハーサル

近くの市民センターで
【弾きっこ会的コンクール・オーディションのための試演会】をしました。


こんな内容のため



敢えて席はピアノから離れた壁際に置きました。


始める前に
一人ずつ今日の目標を言います。
みんなそれぞれ、自分のことを良くつかんでいるなぁと感心しました。

普段から、ミントの森オリジナルの「ぜったい達成目標シート」や「チャレンジ練習シート」などを取り入れて、書くワークも日常的にしているからというものあるなぁと思いました。



一巡りみんな弾き、
お互いに聴くだけでも
とってもいい経験です。

自信にもなり、刺激もあり\(^-^)/




でも、
そのあと、まずは
広いところで輪になって姿勢を整えました。

大事な背筋、頭の位置、腕のリラックス。
ここまで、軽く体を動かしてから、今度はそのまま、みんなで歩きます。
上半身をすとんときれいにキープしつつ、膝下とうしろの腿をちょっと意識して歩いてみました。

その後、30分ほどミニアドバイスタイム。

一人一人に向けているようで、各々の曲にも役立てられることがあるようにお話ししたり弾いたりします。
なので、みんなとっても熱心に聴いてくれて、質問にものびのび応えてくれました。




短く休憩を挟んで
第二ラウンド(≡^∇^≡)

2回目は
・姿勢が良くなり、腕もより自由に動くようになった。
・より確信をもって音を出し、良く聴けていた。
・勇気とともに、より思いきった表現をしていた。
・さっきよりもテンポ感が良くなった。
・よりくっきりと、音色の色彩や濃淡が出て美しくなった。
・リズムのキレや間の取り方に説得力が出てきた。
・より、気持ちを込めて音を紡げた。
・楽器の構造を、よりちゃんと感じながら弾けていた。
・空間の音をちゃんと聴けていた。
・曲のコンセプトがしっかり伝わってきた。
・暗譜がより確実になってきた。
・会場とピアノの響きを聴きながら、美しい歌い方が(時々だけどちゃんと)できていた。

などなど、参加者の一人一人が目に見えて(耳に聴こえて?)変化していたのが、とても頼もしかったです。



「目に見えてなかなか変化はないけど
こつこつやる」っていうときもたくさんあると思うのですが、準備の過程で時々こんなふうに自分にも仲間にも何段階か「おおっ!」っと、変化を感じられる日があると、励みになりますね。





うっかりしてた…💦
ピアノ椅子がひとつしかないんだった!
弾きにくくてごめん!



ラフマニノフのコンチェルトは、
レッスンでは、ピアノとクラビノーバを使っていますが、
ここでは鍵盤ハーモニカで、オーケストラのメロディや和音、ベースなどを弾きました。(*^_^*)




ミントの森サロンでの「弾きっこ会」も良いけれど、時々近くのここでもしたいなぁと思いました。


みんな良く頑張ったね!
みんなのおかげで大成功でしたね。
お疲れ様でした。






都内や千葉県でバレエ教室を展開されている先生がご聴講に来てくださり、弾きっこ会のネーミングにもですが「ぜったい目標達成シート」や「チャレンジ練習シート」などにもご興味を持たれてメモをされていたので、近々お会いするときにプリントお渡しすることにしました。
どうぞ、アレンジしてお使いください。(*^_^*)
スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment