リハーサル


9月4日のコンサートのためのリハーサルでした。

チマローザの二本のフルートのためのコンチェルト、フォーレのファンタジー、モーツァルトのフルートコンチェルトニ長調、バッハのフルートソナタホ短調、ゴーベールのマドリガル、プーランクのフルートソナタテレマンのオーボエソナタイ短調、トランペットとファリャの7つのスペインの歌、等をリハしました。

もう一曲ありますが、次回リハするらしいです。

たくさんあるけど、それぞれの曲の世界作曲家の世界、共演者との世界で音のコミュニケーションをしていたら、リハーサルは本当にあっという間に感じます。

オーケストラのピアノリダクションあり、通奏低音あり、ロマン派、近代あり、と時代が違えばバランスや色彩感、タッチも呼吸も、身体の重心も変わります。何度も弾いている曲もありますが、一曲ごとに新鮮に感じられることはとても幸せなことだなぁと思います。

疲れてぐったりなんて感じでは全くなく、むしろすがすがしく元気なワタシです。
いっぱい美しい音や生き生きとしたエネルギーを浴びたからかな。


さて、仙川へ移動です。




佳き夕べをお過ごしください。

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment