79歳の生徒さんレッスン風景

今日は
79歳の生徒さんレッスン風景をお届けしたいと思います。

大きくして、見てくださいね。


雨だれのプレリュードです。
さわり部分だけですが、よろしかったらご覧ください。
詳しくは・・字幕も見てね。


4年前に始めてしばらくは、
短い曲で鍵盤の場所や、リズム、音符の読み方から覚えていかれましたが
ご無理せず、でも、コンスタントにコツコツ練習を重ねられているので
今や、こんな素敵な曲に取り組むことができています。

バイエルをお持ちだったのでそのまま使い、
2巻まで終え、
そのあとは、ダニーボーイだとかシューベルトのセレナーデ、
禁じられた遊び、ある愛の歌、ラプソディーインブルーなどなどの
超簡易版を弾きました。
「なんちゃって曲」のようですけれど、
いろんな曲を弾くことで、様々な記譜方法や表現方法を
覚えていたけました。

その後、バッハやチャイコフスキーの小品など「簡易版のアレンジ曲」ではない
作曲者オリジナルのものを数曲弾いたのち、
「ショパンのプレリュードOp.28-7」←太田胃散の曲です。
「シューマンのトロイメライ」などを発表会などでも演奏しました。

そして、雨だれ!

最後まで譜読みはできていますので
あとは、少しずつ仕上げてまいりますよ〜〜。

ちなみに、
始めの数年はキーボードをお使いでしたが
じきに本格的なピアノタッチ&ペダルも良い感じの
電子ピアノに買い換えられました。

これからも、ますますお元気で
ピアノを弾いていて欲しいなぁ・・・。

今日も読んで下さってありがとうございます。
良かったら一日一回3つともぽちっとして下さい。
素敵な広がりに感謝!今日も良い日でありますように。
banner-2.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがと(*^▽^*)、もういっこね

スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment