演奏中の足

くせって自覚がないもの。
17.jpg

足の裏は、基本床につけましょう。
これで、随分上半身が自由になります。音も良く響きます。
使う鍵盤の場所によって足は軽く開いたり、片方の足へ重心をかけたりできるようになると、さらに自由になりますし、脱力もできます。
巨大な、大人と同じ楽器を使う「ピアノ」という楽器ならではの、工夫です。
試してみてね。
同様に、足の裏をどんなふうにどのくらい「つけない」効果を味わうこともできます。
いつでもこれじゃないとダメってことは、ひとつもありませんよ〜。
そこが面白ですね。
18.jpg


今日も読んで下さってありがとうございます。
良かったら一日一回3つともぽちっとして下さい。
素敵な広がりに感謝!今日も良い日でありますように。
banner-2.gif


ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがとうございます、もういっこね♪



スポンサーサイト

0 Comments

Add your comment