Mozart!講座とコンサート 大人編

まずは終了後の写真です!!
ありがとうございました〜〜〜〜!
135.jpg

大勢のお客様が来て下さいました。

125.jpg

当日飛び入りのお客様は
ちょっとお部屋の外席になってしまいました。。。
すみませんお席に限りがある小さなサロンなもので・・・!

高森さんはパソコンで貴重な画像も披露してくださりつつ
知られざるモーツァルト【作曲、食事、賭け事から愛人まで!】という内容で、
最新資料に基づく、とても面白く興味深いお話を繰り広げておられました。
釘付け・・。
でも決してゴシップ的ということではありませんでしたよ。
客観的で説得力がありました。
126.jpg


モーツァルトワイン&高森ワインです!
129.jpg

131.jpg


高森さんはもちろんのこと
フルーティストの佐藤智子さんもヴァイオリニストのサイトウも
お話がとても上手です。

単に上手なのでなくて・・やっぱり伝えたいことがしっかりあり
伝えたい気持ちが表現となっているんだなぁと
改めて思いました。スバラシイ!

128.jpg


近くは歩いて数歩のところから、
遠くは名古屋からもお越し頂き、
また、初めてのお客様からリピーターのお客様までお越しいただいて
本当に感謝いっぱいです!!
パーティも和やかかつ賑やかに・・・!
130.jpg

パーティメニューは
お飲み物 お茶、香る炭酸、ノンアルコールビール、

赤ワイン(アルゼンチン・フルボディ)
白ワイン(カリフォルニア・やや辛口、チリ・辛口)

オリーブ3種
生ハム・イベリコチョリソーカセーロは・・お出ししそびれた。。。
 
チーズ ブラックゴーダ18ヶ月熟成(オランダ)
、グッディ(オランダ)、
パルミジャーノレッジャーノ18ヶ月熟成(イタリア)、ゴルゴンゾーラピカンテ(イタリア)


ドライいちぢく、クラッカー
、ゆで小豆

(←チーズに合うのです)
ごぼう巻きまき豚根昆布スープ煮
ささみのガーリックハーブ焼き野菜添え

梅入り卵焼き

ツオップのシュートーレン

などでした。

準備で手一杯で
写真がちょっとしかありませ〜〜ん!
124.jpg

123.jpg

122.jpg


お客様からも高森さんからも
第2弾を・・というありがたいお言葉をいただいています。

また、できたらいいな!
よろしくお願いいたします。

改めてMozartの魅力をたっぷりと浴びた貴重な1日でした!
スポンサーサイト

Mozart!講座とコンサート 子どもたち編

高森義之氏御到着後、ともちゃんこと、フルーティストの佐藤智子さんもご到着。
あるじこと、斉藤和久とのリハーサルが始まりました。

すっごく素敵!
ともちゃんは、ちょうど今「カメラータ・ザルツブルクオーケストラ」の日本ツアーのため帰国中。
この日は「降り番」(←オーケストラのコンサートあるけれど、出番がない日のこと)らしい、ということで
だいぶ前から「本当に降り番だったら、行くね♪」と言ってくれていたのです。
貴重な時間をありがとう!!!
113.jpg

そうこうしているうちに子どもたちも集まってきて
あるじの導入的演奏で始まりました・・・!
114.jpg

オーストリアの民族衣装「ディルンドゥル」と「トラハト」で登場してくださいました。
日本ではお振袖と袴に当たるほどの正装だそうです。
智子さんと高森さんが素材やエピソードを混じえて
丁寧に説明してくださいましたよ。
素晴らしい衣装に子どもたちも、大人の回のお客様もお目々キラキラでした。
115.jpg

両方の回で、高森さんのとても興味深いお話と実際の演奏を
交互に織り交ぜて進行しました。

13時〜14時半 子どもたちと音楽を楽しむ日vol.29
といたしましては
【お話 モーツァルトの旅行・ゲーム & コンサート】というタイトルでした。
内容も濃かったですけれど
高森さんのお話の仕方もさすがわかりやすくてテンポよく
みなさん惹き込まれていらっしゃるようでした。


私たちデュオ・サイトウが演奏したのは
モーツァルトが8歳の時と10歳の時に作曲したソナタです。
(ヴァイオリンソナタKV.9、kv30

)
134.jpg




少年「モーツァルト」と、そのお父さん「レオポルド」の演奏スタイルのようにして
弾いて見ましたよ。
136.jpg


ともちゃんとサイトウが演奏したのは
私は鳥刺し Der Vogelfänger Bin ich ja
なんて美しい鈴の音なんでしょう! 

Das klingt so herrlich


復讐の炎は地獄のように我が心に燃えDer Hölle Rache kocht in meinen Herzen 

どれも、本当に生き生きとしていてもっといっぱい聴きたい気持ちになりました。
116.jpg

雰囲気だけでもどうぞ・・!
携帯で撮ったので、実際はもっともっといい音でしたけれど。


子どもたち(と保護者様)たちとの
おやつタイムも、いろんな質問が飛んだりお話も弾み、
参加していた生徒たちにとっても、貴重な経験となったのではないかなと
感謝しています。
117.jpg

この回のおやつは
高森さんに買ってきていただいたモーツァルトチョコレートに始まり

モーツァルトレーズンウィッチ
モーツァルトフィナンシェ


フルーツ
&ポップコーンでした。
120.jpg


本編と関係ないようだけれども
実際にこうして足を運んで参加してくれている生徒さんたちは
自己紹介をしたり、人の話をよく聞いたり、
おやつタイムに他の人への気配りが徐々にできるようになっていたり
知っている人と初対面の人が混ざっているこのような場でも
和やかに物怖じしないで振舞うことができるようになっていたり
と、自然な社交性が身についてきているなぁと思います。

118.jpg

大人編に続きます!

前日!

朝イチで馬橋でレッスンしてから
ミントの森サロンに戻りレッスン!
発表会に向け4曲も張り切って練習中!
100.jpg
レッスン終わったら、どすこいランチができていました!!
どすこいちゃん

嬉しいです。美味しかったでっす。
101.jpg

その後、もう一人レッスン〜!
102.jpg

発表会で、BeethovenのSpringソナタに挑戦する小学校5年生!
ヴァイオリンパートはあるじことサイトウです。
103.jpg


しっかり取り組んで頑張っているし
リハでもよく音を聞いて弾いていて本番がとても楽しみです。
104.jpg

楽しそう!!
105.jpg

あるじこと斉藤和久と
私のダブルレッスンです・・!
106.jpg

そして、その後は
なぜか昨日届いたばかりのノコギリで剪定の続きを始めたあるじ・・・。
107.jpg

素手で・・・・、大丈夫なんでしょうか・・?
108.jpg

Springの前にちょきちょきしてたら
指先からちょこっと出血してましたけど・・・。

私は綺麗な葉っぱをゲットです。
モーツァルト講座とコンサートの日、
パーティで使おうっと‼
109.jpg

そんなことをしておきながら
その後にリハーサル!
110.jpg

Mozartのヴァイオリンソナタ・・・翌日本番です・・・・。
なんて美しいのでしょう!!
明日とっても楽しみです。
111.jpg

生徒さんとフランクのソナタリハーサルレッスン

いつもながら、
立体的に平行していろいろ準備中です。

今日は
12月11日のクリスマス発表会第一部のための、リハーサルレッスンでした。

今回、第一部はピアノソロと
ヴァイオリンまたはヴィオラとのDuoチャレンジが実現しました!

希望者でって言っていたのですが
ほとんどがご希望者でしたので
あるじこと斉藤和久氏は
ほぼ出ずっぱりです。

協力ありがたいです🎵


この日はフランクのヴァイオリンソナタに初挑戦の生徒さん。
ピアノの先生でいらっしゃるので、まずはご自分でしっかり弾いてこられてました!



今回は第4楽章だけですが、なかなかの難曲!
合わせつつ、
フランクの曲の特徴、とらえ方、フレージング、レガート、和音のバランス、オクターブでの美しいメロディライン、ベースのラインから立ち登る和声感、声部の弾き分けと立体感とタイミング、受け渡し、不協和音と協和音、などなど
サイトウと私のアドバイスを取り入れながら、
だったので、大変だったかと思うのですが、
ぐんぐん素敵になっていく様子は、
見ていても楽しかったです。\(^-^)/





次回が楽しみです。🎵

Mozart!講座とコンサート

Yoshiyuki Takamoriさん


11月20日(日)はMOZART!(モーツァルト)
ですよ〜。

モーツァルトとオーストリアのスペシャリスト・20年間ザルツブルクに在住の
高森義之氏ならではの貴重なお話、
ヴァイオリン・斉藤和久&ピアノ・山本実樹子でお贈りする、
モーツァルトが8歳と10歳の時に書いたアイディアに満ちとても美しく素晴らしいソナタ2曲と
ゲストの佐藤智子さんとサイトウのデュオをお聴きいただきます。

まずは13時(12時40分開場)から
【子どもたちと音楽を楽しむ日vol.29】

《お話 モーツァルトの旅行・ゲーム & コンサート》 1ファミリー様1,500円
モーツァルトのザルツブルク時代の旅行風景(乗り物や寒さなど)、
シェーンブルン宮殿訪問、そして執事とつくったゲームや食べ物について、
たのしいお話いっぱいです。

ミニコンサートは ヴァイオリン・斉藤和久、ピアノ・山本実樹子です。

ゲストにザルツブルク在住のフルーティスト・佐藤智子さんもお迎えし
モーツァルトのデュオをサイトウとお届けいたします。

そしてそして!

16時(15時30分開場)から
 
【講座・知られざるモーツァルトの日常 
作曲、食事、賭け事から愛人まで!&ミニコンサートとパーティ】
  お一人様3,000円
 
ウィーンのモーツァルト日常生活、食事から買い物、貴族とのパーティー、交友関係、当時のウィーンの風俗風習、
賭け事の実際、作曲活動とのバランスを取っていた息抜き時間の様子を、お届けいたします。
モーツァルテウム大学元学長 バウアー博士による世界最新のモーツァルト研究書
「モーツァルト お金・名誉・栄光」の日本語訳をされた高森氏による、
ここでしか聴けない貴重な内容でお届けいたします。
ミニコンサートでは、
モーツァルトが8歳と10歳で作曲した素晴らしいヴァイオリンソナタKV.9、kv30、他を
お聴きいただきます。演奏はヴァイオリン・斉藤和久、ピアノ・山本実樹子です。
ゲストにザルツブルク在住のフルーティスト・佐藤智子さんもお迎えし
モーツァルトのデュオをサイトウとお届けいたします。


「ミントの森サロン」は小さな会場です。
各回もうあと数席ずつになってしまいましたので
ご予約はお早めにお願いいたします!!

ご予約お問い合わせ
mint_no_mori@yahoo.co.jp
090-9977-1751
まで、どうぞ!

演技指導WS (2)「 くるみ割り人形」

とっても楽しくて刺激いっぱい!
濃い時間でした!
みんないい笑顔です。




最後はついに、立ち稽古!
ワークショップ始まりの頃とは
みんな別人のよう!



「どこにいる誰に向かって伝えているのか」
位置関係と声や身体の向きや動きなども
教えていただき、少しずつ理解して実践中・・・。



音楽の出だしと最後のみ入れつつ
イメージを合わせていきます。




観客がいる中で進んでいく物語の
現実性と虚構の作り方・・・
言葉にすると難しいけど、
しゅーや先生とてもわかりやすく説明してくれましたよ。




出ハケ、連弾中に舞台にいなければならないときの過ごし方(演技)なども
さすがのアドバイスにとっても感謝です。



役づくりへの手かがりの得方、考え方も
子どもたちに、とっても参考になったようです。
考えさせつつ、的確に指導してくださり
素晴らしかったです。




発声練習から始め、
素よみ、
相手との距離感や身体の向きによる関係性の伝わり方、
感情の入れ方
立ち居振舞いで伝わる立場や役
台詞の中、一番伝えなければならない言葉の扱い方、
衣装のさばき方、ポーズ、

などなど書ききれないほどのことを伝えてくれましたし、それは、参加してくれた子どもたちがどんどん吸収していったからに他なりません。



最初は、言葉に自分以外の感情を乗せて台詞を言うことに
「エーッそんなこと恥ずかしくてできない!」
なんて言ってた生徒も、順を追った指導により、とても自然にできるようになりました。



ワンシーンのみ、台詞はないけど出番がある、という小さい生徒たちは、
短い時間での参加予定でしたが、おかあさまがお迎えに来ても「最後まで居る」としっかり見聞きし参加してくれました。



講師をしてくださった齋藤嵩也さんは、時代劇の殺陣指導、アクションやバック転教室のような指導のお仕事もですが、
現代劇からシェイクスピア、ミュージカル、放送のナレーション、映画など幅広く、しかも一つ一つがとてもクオリティ高いプロフェッショナルな人なので、この日もこまめにたくさんご自身で演技をしてくださり、説得力すごかったです。



2回休憩を挟んでおこなったので
あっという間、かつ、とても効率的でした。



限られたスペースをしっかり使っていただき



面白かったです。



お芝居と演奏、言葉と音って
私にとっていつも気持ちを惹かれるプロジェクトなのですが、



今回の生徒たちの変化を見ていて
思うところがたくさんありました。




ミントの森演劇部作ろうかしら・・



いやいやいかんいかん。
ますます大変になっちゃう・・・!



でも、今回は単発で一度きりでしたけれど
ワークショップは時々開催できたらいいなぁと思いました。



これは、王子さまだけど、女王さまに対するときにこうすると、敬っていることがつたわるでしょ?って説明中・・かな?




最後までご覧くださってありがとうございました。


演技指導WS (1)「くるみ割り人形」

12月11日のクリスマス発表会に向け
演技指導ワークショップをしていただきました。

二回に分けてレポートしますね。

直前にくるみ割り人形ショーック!!!





いてててて。





気を取り直し・・・・
準備準備!
(くるみ割り人形さんは、治療しました。)



少し早いけれども、くるみ割り人形という作品に向けて、気持ちを上げていくためにももう飾っちゃいました。

今年もお菓子なオーナメント中心です。
(食べていいよ)
ステッキキャンディは美味しいミント味、サンタさんやベルはチョコレートです。
「くるみ割り」のお菓子の国みたいでしょ。



とあるドイツの街のお話なので
この日のおやつには、
ドイツでクリスマスにいただく伝統のお菓子「シュトーレン」も用意しました。



あとは、
ダージリン、あまおう、ミルクのマシュマロ



日本の冬って感じですが
おみかん!



ジンジャーマンの形のミルククッキーなどでした。



さてー、はじまりますよ~✨




(2)に、続く・・・・

それならば・・と動いていくことがたくさんある

12月11日の発表会は
生徒からの希望もあり
第2部のくるみ割り人形は「芝居仕立て」となりました。

脚本までは私が書きましたが
やはりプロフェッショナルな助っ人が必要です!

と・・・言うわけで
私が4年間にわたりプロデュースさせていただいていた「フランツ・リスト公演」
(リスト生誕200年記念連続公演です)で、主役のフランツを演ってくれていた
齋藤嵩也さんに来ていただいて
ワークショップを開催できることになりました。

詳細はチラシの通りです。

今回1回限りなのですが
声の出し方、体の動かし方、感情の乗せ方
動線確認
揉め事場面のお約束(殺陣師でもあるのでお手の物なのです)
などなどをご指導いただくことになっています。

しゅーやくんws

生徒さん以外の聴講ご参加も可能です。

mint_no_mori@yahoo.co.jp
までお申し込みください。


よろしければ・・
やらなけれなならないアップロード作業が残ってるのに
しばらく放置してしまっている・・・
リスト公演 メイキングブログ

をご覧ください。
秘蔵写真が見られるかも・・・。

ミナイデーーー。

びっくり!わかりやすくて使える音楽修辞vol. 9



昨日11月9日は
風の強い秋の1日でしたね。
「びっくり!わかりやすくて使える音楽修辞 vol. 9」
の日でした。

1回目から欠かさず来てくださっているピアノの先生方と共に、
今回はブルクミュラー25の練習曲を使い
和声の中のフィグーラを取り出して弾きつつ、弾いていただきつつ、動きやハモり、その効果や意味を実践的に味わっていただきながら進めて参りました。


これはあるじが描いてくれたものです・・( ^ω^ )

参加されている先生も、
はじめは抽象的なことを扱っているように思われたようですが
「極く現実的な実践的なこと」であり、
他の曲にもご自身で応用していただけることとすぐに理解をしてくださったようで、良かったです。

最後は、クッキーとミルクティーでホッとしつつ、ピアノの先生あるあるtimeとなり、
いろんなおしゃべりの中でまた浮かび上がってくることも多々あって、楽しかったです。

このセミナーは、月イチで行っています。
随時一回目からおこなうことも可能ですし、30分ほどの「入口レクチャー」後に合流していただいてもOKです。

ご興味がある方はどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

ちなみに今回参加後には何に変化が起きたかといいますと、和音の声部がちゃんと色や意味道すじをもって響くようになったことです。

すごいことなんだけど、シンプルな練習でできます。(*^_^*)


次回は、12月21日10時30分から12時30分です。





なんと!自宅でアルバムレコーディング!?

ミントの森サロンのピアノはオリジナルピアノです。

メーカーが書いてありません。

一部既製の部品も使われていますが、とあるピアノ工房の職人さんが手作りで作ってくださったものです。
が、お考えがあってご自分のお名前などは入れない主義なのだそうです。

このピアノは、初めからとても個性豊かでしたが
弾くこと、調律や調整を重ねること、
日々の練習やリハーサル、レッスン、
サロンコンサートなどで使用される年月で
どんどん魅力が増し、良くなっています。


でも、小さな楽器です。
moblog_f4552024.jpg


なのに昨日は、それでレコーディングしてしまいました。

昨日の終了時の写真です。
なかなか順調なセッションだったのが伝わりませんか?




ピアノのCDアルバムは広いホールで、
フルサイズの楽器でレコーディングすることが理想的と思っていた私なので
まさかウチで、しかもこんな小さいサイズのピアノでの録音なんて
考えたこともありませんでした。

moblog_8d0e6e10.jpg

が、コンサートや、ホールレコーディングでも度々お世話になっている調律師さんが
とある日、ウチでのこのピアノの調律が終わった時に
このピアノの音の良さや楽器自体のポテンシャルの高さを挙げてくださり、
「これでレコーディングしてみたら、とっても面白いと思うんだよね・・・・」とおっしゃったのです。
moblog_f1d25375.jpg

楽器のことを褒められて(正確には一緒にピアノ自体を育ててくださっている感じですが)
嬉しいものの
でも、「まあ、でも、まさかね・・この環境でねぇ・・あまり考えられないなぁ」と
その日以来ずっと心にしまっていました。


(今回の曲も、この環境ならではのもののように感じています。)
moblog_f54168b5.jpg


で、何ヶ月も経ったある時、あるじと話をしている時に
「調律の〇〇さん、もう大分前だけど、あのピアノのことこんな風に言ってくれたよ〜〜」と伝えると
「それはオレもそう思う!」と
まさかの賛同・・・・!
それだけでなく「すればいいのに」と背中押し・・・!!
moblog_98e7c7a6.jpg


「ええ〜っ!まじですか・・・」と驚いたものの
肝心の「ピアノ」に聞いてみると「いいよ」と言ってる気もする・・・。
自分の心に訊いてみても、「楽ではないだろうけどやりがいあるんじゃない?」
って感じてる気がする・・・


(ホールの時みたいに、差し入れ準備・・・!あるじがしてくれました。
飲み物や・・・)
moblog_c74cd51c.jpg

そんなこんなで、ついに腰を上げ
ピアノのレコーディングのスペシャリストでもある「STUDIO407」の酒井さんに相談しまして
プロジェクトを立てまして
昨日はその1日目、14曲の収録ができました。
つづきは来週!
CD化できるかどうかは
実際録ってみないと決められないと思っていましたが酒井さん曰く
「取り急ぎ、録った分の仮マスター作りますけれどとってもいいと思いますよ」
とのこと。



(お昼やおやつなど・・・)
moblog_c091d222.jpg


(ツォップさんまで行ってきてくれましたよ)
moblog_a124b8a9.jpg


朝早くから来てくださって、
いつもの調整ではなく、この部屋での録音仕様に
調整をし直してくださいました。
う〜〜〜ん。贅沢で楽しいプロジェクトです!!!!

素晴らしいアイディアに感謝しています。
moblog_3c06184e.jpg


内容とか詳細は
お伝えできる段階になりましたら
ここでも報告させていただきますね。


大きなチャレンジの日です。(*^_^*)


今日は、とある調律師さまからのご提案発端の、私にとってチャレンジングなプロジェクトの日です。

お天気といい
準備といい
幸せなスタートを切った一日ですが
いい演奏をして
幸せな気持ちで1日を終われますように!

祈りや希望、ファンタジーがいっぱいあふれる曲たちを弾きます。


で、なんでツォップかって?

差し入れです。\(^-^)/

早朝あるじが買いに行ってくれました。
ありがと~。



みなさまもいい1日でありますように🎵

「くるみ割り人形」弾きっこ会的リハーサル

「くるみ割り人形」弾きっこ会的リハーサル
しました。




台本どおりに
ナレーション、台詞、演技、連弾
コントラバスを入れながら
大まかに演技のアドバイスもしつつ
進めていきました。

(あっ!この画像はみんなが帰ったあとに
自主的にアンサンブル稽古をしている生徒さんたちです。)



笑顔と笑い声が絶えない中、
ま~、子どもたちにとってはなかなかに複雑で
混沌とした状態でしたが・・・




おやつ休憩を挟み
着ている服の上から着けられる衣装や小物は使い
もう一度はじめから最後まで
すべてしてみました。




もちろんこれから
ピアノもそれ以外のことも練習していかないと仕上がりませんが、
それでも2回目には見違えるように
作品への「理解」と「イメージ」が高まり
自分が弾いている曲が表している情景や意味もわかり、担当している役にも「自主性」が加わっていましたよ。







こんぺいとうの精を演じる子が
こんぺいとうを見たことがなかったらしいので
これも準備。
(っていっても、日本のこの「こんぺいとう」の精ではないですけれどね。)




本日のおやつ

これとお飲み物と、フルーツ(今日は、柿)
でした。


衣装が続々完成中・・・

この布や素材たちも


これとか



これとか



これとか



これとか



これとか



これとか



これになり




まだ、半分くらいですが
クリスマス発表会の衣装小物準備を
整えつつあります。




今回は、2月のホールみたいには照明ほか立派な設備のない市民センターなので、少しでも雰囲気を高められるといいなと思いいろいろ考えています。

会場費が抑えられので、参加費も5,000円に設定してしまったため、予算に余裕はなく自分で素材を買ってきて作ろうかな・・・と。

でも多分、
どの保護者の方より、
私の方が不器用➕へたくそと思います。

仕上げ&コーディネートは
お任せする予定です。
どうぞよろしくです。

誰の衣装でしょうか?

と、その前に


なんに見えますか?


えっ👀⁉道路?
ふむふむ。






答えは、のちほど!
(っていうほどのことではないのに・・・)



さて!これは何役の衣装でしょうか?

黒に金のマント。
「くるみ割り人形」に出てくる
お金持ちの登場人物・・あの人です。




さて!
さっきの。


こんな風には見えませんでしたか?

見えませんでしたか。

そうですか。

そうかも。




衣装や小道具のこと
平面から立体を何とか不器用ながら作れないかと頭をひねっているせいかもしれません。


でももう一回見てみます?




失礼しました。

切り替えてー。

レッスンと、そして、
練習!!!!(*^_^*)

呼ばれて飛び出てじゃじゃじゃじゃ~ん。

12月11日のクリスマス発表会の第二部は
芝居仕立ての連弾「くるみ割り人形」です。

小学校3年生の頃に、バレエの発表会で「行進曲」を踊りました。
私のは可愛いチュチュが衣装だったのですが
私の目を釘付けにしたのは、おねえさま達が踊っていた「アラビアの踊り(コーヒーの精)」でした。

衣装も音楽も振り付けも、もううっとり!!!

あんまり好きすぎて
その頃の図工の時間に紙粘土の人形のポーズと衣装を
「アラビア」そのまま作ってしまい、
先生や友達に「それは・・・いったい何????」
という謎を振りまいてしまったほどです。

ああ、そんなことはどうでもいいんです。

今回はバレエではありませんから、踊りはありません。(残念・・)
でも少しそれらしい衣装と小道具は準備しようと思っています。

で、これ!




元は、これでしたが、ちょっと細工を施しました。




でもアラジンのジーニーではなく
「ハクション大魔王」のイメージ!ふふふ。
ま、これは裏側ですけどね。




呼ばれて飛び出てくるのが、ハクション大魔王です。






ええっ?ハクション大魔王知りません?

【作品概要】
ドジな魔法使いが人間界で巻き起こすドタバタギャグコメディー。ハクション大魔王は、魔法使いでありながら万能では無く、気が優しくて涙もろく、算数が大の苦手。その愛すべきドジなキャラクターが受け、放送終了から何度も再放送を重ね、現在も人気の高い作品。TVアニメ以外にも、風邪薬や皮膚病の広告、アパレル関係といった分野でも高評価を得ている。近年ではスピンオフ作品も制作された。

●ストーリー
小学生のカンちゃんは、ある日、自宅の屋根裏で魔法の壺を見つける。その壺はくしゃみをするとハクション大魔王という魔法使いが飛び出し、呼び出した者の願いをなんでも叶えるというのだった。しかし、魔王はとんでもなくドジで何をやっても失敗ばかり。更にあくびをすると壺から飛び出す、イタズラ好きな魔王の娘アクビまで加わり、町中で珍騒動を巻き起こす。

です。

あれ?何の話だったっけ?

美味しいクッキーを作りたい!

できた〜〜〜!



クッキーを上手に焼けた事が一度もありませんでした。

「え〜〜。クッキーーなんて簡単だよ〜〜」って上手に作る友だちもいるのですけど
私が作ると失敗ばかり!
なので、小麦粉っていうあの粉を
パンだとかクッキーだとかっていう食べ物に変化させられる人って
素敵な魔法使いみたいに見えています。

9月、10月と行けなかったけど
ゆるゆる通っているアイシングレッスンの先生がお造りになるクッキーが
いつも美味しくてアイシングなしでも感動して食べていたのですが
今日!習ってきました。
じゃ〜〜ん!



まずは、試食から。
いろんな材料や配合や条件で焼かれたものを食べ比べ。
おおお!!
いろんなことがわかる!
絶対自分ではできないもの、こんなこと。



始まり始まり〜〜。



レクチャー→先生お手本→私がやってみる
の繰り返しで



実際に手順を学んでいきます。
写真のおてては全部先生のです。



初めて見る、聞く、やってみるテクニックもさることながら、
納得の小さなひと手間や、さりげない大切なコツがいっぱい隠れていました。
うーーーむ。
美味しくきれいにできなかったわけだわ!!

今や、ネットも至れりつくせてですけれど
やっぱり「生」でしか得られないことは
とってもきめ細やかに腑に落ちます。



混ぜるところから焼くところまでの間に
私は目からこぼれ出た鱗で全身埋まりそうなくらいのことを
学んでしまいましたよ。

moblog_a7330485.jpg


今日は、珍しく私一人だったので
贅沢マンツーマンで2種類のレシピを教わりました。



焼き上がりを待つ間・・・美味しく優雅な時間を過ごし・・・



焼きあがったクッキーを試食して
粗熱をとったものと焼く前の生地をお土産で持ち帰ることができました。

あるじのお出かけ前に間に合い
試食してもらいましたが
初めてクッキーで褒められました。



あとは、忘れないうちに1からやってみて
一人でもできるようにすることですね・・・・。
そして練習を重ねる・・・と。
でもって、また。とんでもなく美味しいクッキーも食べてみる・・・。

う〜〜〜ん。


何かに似てるぞ!


さて!!!
さらわなくては・・ピアノ!

頑張る〜〜〜〜。

念願の「中国語」始めました‼




そんな時間はどこにあるんだと
呆れられそな気もしつつ・・・。

ついに始めました!
昨日から。

先生はほどよく容赦なくって
ゾクゾクワクワクです。

どのくらい容赦ない親切かつ熱心かと申しますと
昨日レッスン終わって間もなくしてから
発音宿題用の音声をLINEで全て送ってくださるほど。

1日20分はしてくださいネ〜。まずは。って言われています。


月に3回レッスンは何とか通い、
自由に使えるようになりたいです。

おっと!今日はまだ、20分してないです。

でも、ピアノを練習しよう・・・。
こっちもちゃんとやらねばなのです・・・。


風邪でもないのに・・ゾクゾクいっぱい!

きゃ〜〜。



生徒のみなさ~ん!出来ましたよ🎵

12月11日のクリスマス発表会の「くるみ割り人形」脚本できましたよ〜〜。


レッスンでお渡ししますから忘れずに持って帰って覚えてね。



時間が合えば、取りに来ていただいてもいいです。

この機会に、台本の読み方も覚えよう!



私も捨て身で演じます。(えっ?)
いや〜〜、みんなが嫌だっていうむしろオイシイ役をね・・
頑張るよ。

12月

でね、

11月6日 14時から18時 弾きっこ会的リハーサル
11月13日13時から17時 役者さんによる演技指導(詳細のちほどアップします。)
12月4日13時から18時 弾きっこ会&ほぼ通しリハーサル

があるので、できるだけ予定調整よろしくお願いします。
場所はすべてミント森サロンです。

今月20日は、こんな貴重な会もあるし
イベントフルですが・・・ヨロシク〜〜〜!!!!

Yoshiyuki Takamoriさん
プロフィール

山本実樹子

Author:山本実樹子
こんにちは!

ミントの森Music Schoolは松戸市小金原にあります。

木目猫足のグランドピアノのある心地よいサロンで楽しくレッスンを始めませんか?楽しいコースがいっぱい!

いつも笑顔の絶えない爽やかな場所を提供いたします。
毎日が元気で楽しくなる♪ピアノ教室です。
赤ちゃんから80代の生徒さんまで、そして、導入からプロの方まで学ばれています。今日もレッスンに来てよかったなぁと思ってお帰りいただけるよう、内容はもちろん指導法やケアなども常に勉強&工夫しています。

 赤ちゃんリトミック、楽しい英才クラス、月1回〜6回のピアノコース、大人のためのティータイム付きレッスン、などがあり、ピアノのレッスン時に、ソルフェージュや聴音、楽典もレッスン時に少しずつ行いますので、自然と広い基礎力が培われます。
3ヶ月に1度のマスタークラス(自由参加)、年に2回の発表会(自由参加)、月に一回の「子供達と音楽を楽しむ日」2ヶ月に一回の様々な楽器&ピアノによる「サロンコンサート」(子供の生徒は無料)などなど、楽しく為になるイベントもいっぱいです。
入会金8,000円お月謝9,000〜
コンクール参加に伴う追加レッスンについては、応援の気持ちで追加料金なしで行っています。


毎週決まった時間のレッスンだけでなく、
全月末に翌月の(スケジュールによってお互いの都合の良い)日時の設定でのレッスンも行っております。

 ピアノ&リトミック講師は、山本実樹子
です。ブログ「ピアニスト山本実樹子のmiracle日記」http://miramikko.exblog.jp/(ほぼ毎日更新中)も見てね。
プロフィールは
山本実樹子 Piano
桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を経て桐朋学園大学音楽学部を卒業。米国ワシントン州立大学大学院に留学。園田高弘賞ピアノコンクール優勝し園田高弘賞を受賞。現在は、日本、アジア、ヨーロッパ各地でのリサイタルやレコーデイング、ソリストとしてオーケストラと共演している。国内外の演奏家との共演のほか、全国でのピアノコンクールでの審査、ユニークな視点でのピアノセミナー講師などを務めている。多数のCDリリース、絵本の出版、演劇脚本の執筆、ムジカノーヴァやショパン誌などの特集記事なども手掛ける。(社)PTNA ピティナ 全日本ピアノ指導者協会会員。これまでに、ピアノを井口秋子、富本陶、井上直幸、岩崎淑、小林道夫、ロビン・マッケイブ、園田高弘の各氏に師事。チェンバロとパイプオルガンをキャロル・テリーに師事。

松戸市にてミントの森Music School主宰。http://mintnomori.blog.fc2.com
ピアニスト山本実樹子のmiracle日記 http://miramikko.exblog.jp
インターネットラジオOTONamazu「山本実樹子のクラシックハッピネス」は毎週火曜日23時過ぎより配信中。


You tubeでの演奏動画も続々更新中です。
https://www.youtube.com/user/ARTRAmiramikko/videos?sort=p&view=0&flow=grid
ピアノが大好き、音楽が大好き、本を読むのやお絵描きがとても好きらしいです。
ヴァイオリン,ヴィオラ、室内楽の講師は、斉藤和久です。
斉藤和久 Violin Viola

 父の手ほどきで5歳よりヴァイオリンを、15歳よりヴィオラを始める。室内楽を安田謙一郎氏に師事。有田正広氏の演奏に感動し、古楽器に傾倒。またロバの音楽座のゲストプレーヤーを務め、楽しく心暖まる音楽を学ぶ。桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)、桐朋学園大学卒業後、新日本フィルに入団。6年後に退団し英国ロイヤルアカデミーサマーコースを受講し、アマデウスカルテット、ノーバート・ブレイニン氏の演奏及び指導に求めていた感性が共鳴し自身の演奏法を決定づける。松尾学術振興財団最優秀賞を二年連続受賞。大阪国際室内楽コンクール入選。サイトウキネンふれあいコンサートにヴァイオリンとヴィオラダガンバで出演、大阪フィルゲストヴィオラ首席、東京シティフィルゲストコンサートマスターなどで出演。現在、ソリスト、室内楽奏者として演奏する他、バッバ協会管弦楽団のコンサートマスターとしても20年に渡り演奏している。スタジオミュージシャンとしては小池弘之氏のアシスタントを務め、多くのドラマ、CM、映画、CDなどのレコーディングに携わる。他に、バッハ協会管弦楽団コンサートマスター。好きなプレーヤーは、ブレイニン、エルマン、ティボー、クライスラー、グラッペリ、モンク。

ミントの森Music Schoolの場所は、常磐線各駅停車


北小金駅から新京成バス小金4(バス案内所行き、乗車時間約6分)
「向原」下車徒歩2分です。ご遠慮なく教室見学や面接にお越し下さい。小金原4丁目です。メールでのお問い合せお待ちしています。
mint_no_mori♪yahoo.co.jp ♪は@に替えて下さいね。
ミントの森Music Schoolでは、2014年よりプロの演奏家による
「オーケストラの楽器を身近で聴こう!」シリーズのコンサートが始まりました。
フルート&ピアノ、チェロ&ピアノ、ヴァイオリン・ヴィオラ&ピアノ、ファゴット&ピアノ、ピアノソロなどでの、コンサート&パーティを行い、毎回満席御礼のご好評をいただいています。


山本実樹子は、わらべうたベビーマッサージの認定インストラクターでもあります。3組様以上で教室を開催できますので、お気軽にお声がけ下さい。プライヴェートレッスンも可能です。赤ちゃんが落ち着き、良く笑い、寝付きが良くなります。
また、赤ちゃんとのコミュニケーションがうまくとれないなどのお悩みも解決してゆきます。

また、シータヒーリング認定プラクティショナーとして、30分5000円でセッションを申し受けます。必要な方ご興味がおありの方はどうぞお申し込みください。


youtube 79歳の生徒さん「雨だれ」


youtube 子どもたちワークショップで作ったお話と音楽

youtube ノクターン遺作 ショパン

youtube  泉のほとりで F.リスト

youtube トルコ行進曲 Mozart

youtube 子犬のワルツOp.64-1 chopin


youtube 夢 Debussy

youtube くまんばちの飛行

youtube エリーゼのために

youtube メヌエット






現在の閲覧者数:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ここちよく暮らす

nory's fun baking
ブロとも一覧

ここちよく暮らす

nory's fun baking
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
1291位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
85位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR