category: 音楽修辞学

ルネサンスダンス

ミントの森Music School主宰ピアニストの山本実樹子です。ルネサンスダンス公演&春のルネサンス大舞踏会 〜小澤高志さんを偲んで〜日暮里サニーホールで出演して参りました。第1部第2部は、小澤高志さんを追悼しつつの演奏と踊りで、私たちは衣装に着替えた状態で鑑賞させていただいていたのですが本当に美しくて、実は・・私はご生前には存じ上げなかったのですが小澤さんへの尊敬や愛情の気持ちがとても伝わってきて何度も涙...

びっくり!わかりやすくて使える音楽修辞Vol. 22

ミントの森Music School主宰ピアニストの山本実樹子です。昨日は22回目の「びっくり!わかりやすくて使える音楽修辞」でした。ピアノの先生方と大人の生徒さんがご参加くださいました。講座終わりのティータイムに、バッハのインヴェンションやシンフォニアを生徒さんたちに興味をもって取り組んでもらうのがなかなか大変、というお話がいつも出るので、ここのところ、バッハの面白さの基礎再発見、再確認、という内容になっていま...

ルネサンスダンスを踊ってきました。

おはようございます。ミントの森Music School主宰ピアニストの山本実樹子です。春めいてきましたね。石巻レポもまだのまま、濃い一日いちにちを過ごしておりました。昨日は、楽しみにしていたルネサンスダンスの練習会に行って参りましたよ。バロックダンスは、何度か経験したことがありましたが、ルネサンスは初めて!しかも、ルネサンス期の楽器による生の伴奏で踊るという贅沢な時間。ミントの森に来られている大人の生徒さんも...

目白で音楽修辞🎵小金原で音楽修辞🎵

ミントの森Music School 主宰ピアニストの山本実樹子です。先週は、目白で月一回の「音楽修辞勉強会」とミントの森サロンにて「びっくり!わかりやすくて使える音楽修辞Vol. 21」がありました。前者はとてもアカデミックで、後者はとても実用的です。目白では「アナフォーラ」について、音楽家、学者たちが書き記したものの違いを比較検討する、という地道な内容。小金原では、バッハのインヴェンションのテーマだけを二曲使い、...

びっくり!わかりやすくて使える

ミントの森Music School主宰ピアニストの山本実樹子です。今日は【びっくり!わかりやすくて使える音楽修辞  vol.20 】でした。 今日のテーマは「音楽の歴史上、
人の心は何によって、またいつ頃から表現され始めたのか」ということ。参加されている方のご希望もあり、日々のレッスンや、練習に直結するような・・具体的に曲を使って進行して行くことが多いのですが、今回は、いつもより「アカデミック」でした。(と言っても、私...