大人のプリン🍮タイム

ミントの森Music School 主宰
ピアニストの山本実樹子です。

過日ですが10月の【びっくり!わかりやすくて使える実践的音楽修辞 vol.18】は
〜わかっているようで、いまいち確信が持てないスタッカート、sfz、fpなどなどについて〜 
でした。

こんなふうに!



あっ!これは終了後のプリン🍮タイムですね。

アクセント記号
  fp、sf、sfz、fz、rfz、>、∧、∨ 、<>、gestossen  などや
スタッカートの種類を取り上げ
語源や意味の違い、いつ頃、誰から使われ始めたのか
同じ記号でも、使われた国や地方、作曲家による意味や癖の違い
作品の中の文脈によって演奏される方法がとても違うこと
などに触れ、
実際の曲をピックアップして、弾いて見たり弾いていただいたりしながら
音の表情の違いを実感、確認しましたよ。

これに参加されていた大人の生徒さんが
熱心なピアノの先生方に混ざって受講されていたのですが
後日のレッスンで
Beethovenソナタの緩徐楽章の最後のあたりにあるスタッカートを指し
「先生、これ・・『切る』ではありませんね・・・
でも・・ええとええと・・・」
と、単純に切るのではなく、意味を考えて練習されていることに
素晴らしいなと思いました。

まだ、ピアノを始められて一年ちょっとの生徒さんですし
そう簡単にお一人で答えが出るものでもないので
きっとBeethovenが弾き手に感じて欲しいであろう「ためらい」を
説明し、弾いてお伝えしてみると
とっても納得されて、ご自分でも表現されていました。

「スタッカート=ためらいを表すことがあるなんて
可能性すら考えたことがなかったので
考えること、解釈することが楽しいです・・」って
おっしゃっていました。

ブラボーです!




今日も佳き一日になりますように。
( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆


◇ ◇ ◇ ◇ ◇

素敵な広がりに感謝!



今日も読んで下さってありがとうございます。
久しぶりにランキングリンクを再開しました。



良かったら一日一回3つともぽちっとして下さい。
banner-2.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがと(*^▽^*)、もういっこね

スポンサーサイト

ヨハン・ニコラウス・フォルケル

ミントの森Music School主宰
ピアニストの山本実樹子です。


今日は目白へ音楽修辞勉強会へ行ってきました。









バッハの息子のカール・フィリップ・エマヌエル・バッハや
ヴィルヘルム・フリーデマン・バッハと直接書簡のやり取りをした上
1802年にバッハの伝記を出版した音楽理論家で教師でもあったフォルケル。

日本語でも「バッハの障害と芸術」
とか、
バッハ小伝
などを読むことができます。


今日は、フォルケルのバロックから古典、ロマン派とつながる独特な理論が
とても興味深かったです。



今日も佳き一日になりますように。
( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆


◇ ◇ ◇ ◇ ◇

素敵な広がりに感謝!



今日も読んで下さってありがとうございます。
久しぶりにランキングリンクを再開しました。


良かったら一日一回3つともぽちっとして下さい。
banner-2.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがと(*^▽^*)、もういっこね


【びっくり!わかりやすくて使える音楽修辞16】

ミントの森Music School主宰
ピアニストの山本実樹子です。

今日は【びっくり!わかりやすくて使える音楽修辞16】でした。

朝、支度や準備をしているときに
あるじが持ってきてくれたサンドウィッチで
元気チャージできました。




前回、「調性と色彩について」で、いろんなワークを行ったのですが
今日はそれに引き続いて、「ではどうしたら、その色彩を音色で表現できるか」にスポットを当てて行いました。
・・・てことで、
今回は、書くワークもしましたし、
シンプルな音を使ってとても具体的なタッチのコントロールで
「8種類」の音色を実際奏でてもらいました。






シンプルなワークですが
初めて出会う方法ということで、戸惑ったり、苦労したり・・もあったようですが
参加されていた方全員、その方ならではの、でも共通な「8種類」の音色が、ちゃんと出せていて
感動でした。

+゚。*(*´∀`*)*。゚+

方法はシンプルなので
ご自身で練習される時にも、小さい生徒さんへご指導される時にも
すぐ役立てていただけると思います。

後半は、単音、オクターブ、和音、と進み、
それをペダルや鍵盤のリリースと組み合わせて
またまた実習してみました。

最後に取り組んだ「弾き終わり」の練習ビフォーとアフターでは、
これまたみなさま、音が消えた後の空気感がドラマティックに変わり、
少人数ながら「おぉ〜」っとどよめいたくらいでした。

面白いなぁピアノって。

ここのところ、告知も怠っていてすみませんでした。
次回は、9月12日10:30~12:30で開催です
【びっくり!わかりやすくて使える音楽修辞17】は、リクエストにより
「ペダリング」です。

座学、ペーパーワーク、シンプルな実技を行いながら
和やかに行なっています。

******************************

ちなみに
音楽修辞って?ということに関してお答えしていること
初めてお越しになった時にお渡ししているプリントを掲載しますのでご覧ください。
音楽修辞

ご希望があれば、いつからでも第1回目から始めますので
mint_no_mori@yahoo.co.jp
へご連絡ください。

******************************

私が毎月参加させていただいている「音楽修辞勉強会」の方は
実践的というよりは、とてもアカデミックです。
学者さん、古楽器から現代の演奏家さん、先生、指揮者さん、などなどが
参加されています。


前回はバッハについての著書などもあるヨハン・ニコラウス・フォルケルについて
学びました。
私には、こういう勉強を積み重ね、踏まえた上での「実践」がとても大切に思えています。



ここのところのあるじの勉強の一つはこれ・・・。
なんだろう、よくみてないから知らないけど
地道な日々って幸せな気がする・・・。





今日も佳き一日でありますように。

今晩は、目白で「音楽修辞勉強会」




先月に続いて、今月も参加できました。


これからお勉強です。たのしみ!


もう、足掛け三年ほど通っています。
ちょっと間が空いちゃうときもあるのだけれど、なるべく毎月来たい「音楽修辞勉強会」なのでした。

この写真は、先月のものです。




これは、今日の。\(^-^)/


ミントの森サロンでしているのとはまた、内容が全然違いますが、どちらも私にとって大切。

ではでは、また!




音楽修辞講座vol. 15


太陽や季節の力強さみたいなものも感じる日々ですね。


昨日は午前中【びっくり!わかりやすくて使える音楽修辞vol.15】でした。

朝早くからけっこう温度も高いですけれど
今回も3名のピアノの先生方がお越しくださいました。





ウェルカムドリンクは、前夜丁寧に淹れたアールグレイをよーく冷やしたもの。
こんぺいとうの甘味で召し上がっていただきつつ、開始です~。







この日は、前回の続きで
「調性の持つ色彩」を取り上げました。

調は24調ありますが、エンハーモニックも含め、28調の実際に音を聴いていただきながら感覚的に捉え、印象を書き出していただきました。


各々の独自の感覚で書いていただいたものをシェアしていたら、独自のものも、共通のものもたくさん浮かび上がって興味深かったです。
そのあと、ディスカッションしながら
この調性はこの作曲家のこの作品ではとても重要で、という話や
マテゾン、コルサコフ、スクリャビン、私の80歳の生徒さんの調性の印象を書き出した資料を見比べたりしつつ、進めていきました。

面白かったのは、調性を、とっても面白い擬人化で伝えてくださった先生!

私はいつも調や和音の変化を色の彩度、明度、香り、空気感、温度も感じるのですが、調を固有の人物像に当てはめて感じることはとても新鮮に感じました。





講座後は、軽くお茶タイムでした。

この日は、お仕事のこと、プライベートなこと、ご趣味の話など、いろいろお話も弾み、最後まで笑顔が絶えない貴重な時間でした。



次回は、8月25日の10時30分から12時30分です。

どなたでも、ご参加いただけますのでどうぞお越しくださいませ。
sidetitleプロフィールsidetitle

山本実樹子

Author:山本実樹子
こんにちは!

ミントの森Music Schoolは松戸市小金原にあります。

木目猫足のグランドピアノのある心地よいサロンで楽しくレッスンを始めませんか?楽しいコースがいっぱい!

いつも笑顔の絶えない爽やかな場所を提供いたします。
毎日が元気で楽しくなる♪ピアノ教室です。
赤ちゃんから80代の生徒さんまで、そして、導入からプロの方まで学ばれています。今日もレッスンに来てよかったなぁと思ってお帰りいただけるよう、内容はもちろん指導法やケアなども常に勉強&工夫しています。

 赤ちゃんリトミック、楽しい英才クラス、月1回〜6回のピアノコース、大人のためのティータイム付きレッスン、などがあり、ピアノのレッスン時に、ソルフェージュや聴音、楽典もレッスン時に少しずつ行いますので、自然と広い基礎力が培われます。
弾きっこ会、マスタークラス(自由参加)、年に2回の発表会(自由参加)、月に一回の「子供達と音楽を楽しむ日」2ヶ月に一回の様々な楽器&ピアノによる「サロンコンサート」などなど、楽しく為になるイベントもいっぱいです。
入会金8,000円お月謝9,000〜
コンクール参加に伴う追加レッスンについては、応援の気持ちで追加料金なしで行っています。


毎週決まった時間のレッスンだけでなく、
全月末に翌月の(スケジュールによってお互いの都合の良い)日時の設定でのレッスンも行っております。

 ピアノ&リトミック講師は、山本実樹子
です。ブログ「ピアニスト山本実樹子のmiracle日記」http://miramikko.exblog.jp/(ほぼ毎日更新中)も見てね。
プロフィールは
山本実樹子 Piano
桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を経て桐朋学園大学音楽学部を卒業。米国ワシントン州立大学大学院に留学。園田高弘賞ピアノコンクール優勝し園田高弘賞を受賞。現在は、日本、アジア、ヨーロッパ各地でのリサイタルやレコーデイング、ソリストとしてオーケストラと共演している。国内外の演奏家との共演のほか、全国でのピアノコンクールでの審査、ユニークな視点でのピアノセミナー講師などを務めている。多数のCDリリース、絵本の出版、演劇脚本の執筆、ムジカノーヴァやショパン誌などの特集記事なども手掛ける。(社)PTNA ピティナ 全日本ピアノ指導者協会会員。これまでに、ピアノを井口秋子、富本陶、井上直幸、岩崎淑、小林道夫、ロビン・マッケイブ、園田高弘の各氏に師事。チェンバロとパイプオルガンをキャロル・テリーに師事。

松戸市にてミントの森Music School主宰。http://mintnomori.blog.fc2.com
ピアニスト山本実樹子のmiracle日記 http://miramikko.exblog.jp
インターネットラジオOTONamazu「山本実樹子のクラシックハッピネス」は9年7ヶ月353回をもちまして、2015年3月25日に放送を終了いたしました。
ありがとうございました。



You tubeでの演奏動画も続々更新中です。
https://www.youtube.com/user/ARTRAmiramikko/videos?sort=p&view=0&flow=grid
ピアノが大好き、音楽が大好き、本を読むのやお絵描きがとても好きらしいです。
ヴァイオリン,ヴィオラ、室内楽の講師は、斉藤和久です。
斉藤和久 Violin Viola

 父の手ほどきで5歳よりヴァイオリンを、15歳よりヴィオラを始める。室内楽を安田謙一郎氏に師事。有田正広氏の演奏に感動し、古楽器に傾倒。またロバの音楽座のゲストプレーヤーを務め、楽しく心暖まる音楽を学ぶ。桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)、桐朋学園大学卒業後、新日本フィルに入団。6年後に退団し英国ロイヤルアカデミーサマーコースを受講し、アマデウスカルテット、ノーバート・ブレイニン氏の演奏及び指導に求めていた感性が共鳴し自身の演奏法を決定づける。松尾学術振興財団最優秀賞を二年連続受賞。大阪国際室内楽コンクール入選。サイトウキネンふれあいコンサートにヴァイオリンとヴィオラダガンバで出演、大阪フィルゲストヴィオラ首席、東京シティフィルゲストコンサートマスターなどで出演。現在、ソリスト、室内楽奏者として演奏する他、バッバ協会管弦楽団のコンサートマスターとしても20年に渡り演奏している。スタジオミュージシャンとしては小池弘之氏のアシスタントを務め、多くのドラマ、CM、映画、CDなどのレコーディングに携わる。他に、バッハ協会管弦楽団コンサートマスター。好きなプレーヤーは、ブレイニン、エルマン、ティボー、クライスラー、グラッペリ、モンク。

ミントの森Music Schoolの場所は、常磐線各駅停車


北小金駅から新京成バス小金4(バス案内所行き、乗車時間約6分)
「向原」下車徒歩2分です。ご遠慮なく教室見学や面接にお越し下さい。小金原4丁目です。メールでのお問い合せお待ちしています。
mint_no_mori♪yahoo.co.jp ♪は@に替えて下さいね。
ミントの森Music Schoolでは、2014年よりプロの演奏家による
「オーケストラの楽器を身近で聴こう!」シリーズのコンサートが始まりました。
フルート&ピアノ、チェロ&ピアノ、ヴァイオリン・ヴィオラ&ピアノ、ファゴット&ピアノ、ピアノソロなどでの、コンサート&パーティを行い、毎回満席御礼のご好評をいただいています。


山本実樹子は、わらべうたベビーマッサージの認定インストラクターでもあります。3組様以上で教室を開催できますので、お気軽にお声がけ下さい。プライヴェートレッスンも可能です。赤ちゃんが落ち着き、良く笑い、寝付きが良くなります。
また、赤ちゃんとのコミュニケーションがうまくとれないなどのお悩みも解決してゆきます。

また、シータヒーリング認定プラクティショナーとして、30分5000円でセッションを申し受けます。必要な方ご興味がおありの方はどうぞお申し込みください。


youtube 79歳の生徒さん「雨だれ」


youtube 子どもたちワークショップで作ったお話と音楽

youtube ノクターン遺作 ショパン

youtube  泉のほとりで F.リスト

youtube トルコ行進曲 Mozart

youtube 子犬のワルツOp.64-1 chopin


youtube 夢 Debussy

youtube くまんばちの飛行

youtube エリーゼのために

youtube メヌエット





山本 实树子 钢琴演奏家

日本千叶县出生,钢琴演奏家。毕业于日本桐朋女子高等学校音乐科、桐朋学园大学音乐学部。毕业后留学于美国华盛顿州立大学,并取得硕士学位。参加园田高弘赏钢琴比赛,荣获第一名,并授予园田高弘大奖。PTNA全日本钢琴指导者协会会员。目前,每年在日本及亚洲、欧洲等多地区举行专场独奏会、录音、并与交响乐团合作举办个人演奏会。与日本国内外演奏家共演以外,还受邀担任多项日本全国钢琴大赛评委。同时还是一位具有独特教育方式的钢琴研究会讲师。发行出版多张CD及绘画本、执笔撰写剧本,并参与编写音乐之友社、萧邦志等古典月刊的特集记事。钢琴生涯受教于著名钢琴家井口秋子、富本陶、井上直幸、岩崎淑、小林道夫、Robin.McCabe、园田高弘。洋琴及管风琴受教于Carole.Terry。日本千叶县松户市 ミントの森Music School 主办人。
ミントの森Music School博客http://mintnomori.blog.fc2.com
钢琴演奏家山本实树子的miracle日记http://miramikko.exblog.jp


現在の閲覧者数:

sidetitle最新記事sidetitle
sidetitle最新コメントsidetitle
sidetitle最新トラックバックsidetitle
sidetitle月別アーカイブsidetitle
sidetitleカテゴリsidetitle
sidetitleブロとも一覧sidetitle

ここちよく暮らす

nory's fun baking
sidetitleブロとも一覧sidetitle

ここちよく暮らす

nory's fun baking
sidetitleアクセスランキングsidetitle
[ジャンルランキング]
音楽
430位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
31位
アクセスランキングを見る>>
sidetitle検索フォームsidetitle
sidetitleRSSリンクの表示sidetitle
sidetitleリンクsidetitle
sidetitleブロとも申請フォームsidetitle

この人とブロともになる

sidetitleQRコードsidetitle
QR