ブルクミュラーCDレコーディングレポートその2

ミントの森Music School主宰
ピアニストの山本実樹子です。

「ブルクミュラー25の練習曲」CDレコーディングレポートその2です。

全てスタンバイOKになるといよいよ録り始めます。
11.jpg

今日1日の大切な相棒です。
ハンブルク製のスタインウェイ。
22.jpg


どちらかというと、
少し気難しく手強いくらいの、でも素晴らしい楽器が好きな私ですが、
この「ブルクミュラー25の練習曲」という曲集は
できれば、こんなホールでこんなピアノでできたらいいなぁ・・と
心密かに思い描いていたまんまの状況が突然出現し、
心底びっくりしました。
12.jpg

だって、2週間前にレコーディングエンジニアの酒井さんから
ホールに空きが出たのですが・・と緊急連絡いただいてのこの展開だったのですから。
13.jpg


2年前にリリースした18の練習曲に続き、
25の練習曲はいつですか?ってよく訊かれはしていましたし、
昨年からコンサートでも全曲を物語仕立てにして演奏したり
セミナーでも取り扱ったりしていたので
そういう意味では、静かに準備や勉強はしていたのですけれど
スケジュール的には突然!
お願いします!っと答えてから
手帳とにらめっこして、ここでこれくらい練習時間が取れてー
っと、計画的に過ごさねば〜〜っな日々でした。
14.jpg

今回は、いろいろ見比べつつの練習や検討はしましたが、
演奏自体にはウィーン原典版を使いました。
ことに、テンポについてはコンサートとはまた違うアプローチをすることにしました。

ほぼ、ブルクミュラーの指示通りのテンポにすることによって
表現の繊細さや多様さがたくさん浮かび上がってきたのです。

それは、今回のホールとピアノにも呼応して
素晴らしい効果を出してくれたように思っています。
16.jpg


そしてそれを余さず録ってくださった酒井様にもとっても感謝しています。
21.jpg


今回初めてお会いした調律の森様にも
大変おせわになりました。
とても自然なピアノに仕上げてくださって
表現をとても助けてくれる楽器になっていました。
23.jpg

あっ!
実際の録音の進め方・・全く書きそびれちゃいましたね・・・

ではでは・・レポート第3弾でお届けいたします。

スポンサーサイト

ブルクミュラー CDレコーディング その1

昨日、小6の生徒二人に
レコーディングってどうやってするの?って訊かれ、素朴な質問いくつかや大事だと思うことなどに答えました。

今日の記事は5月23日に行ったレコーディングの一日を少し様子が見えるように説明してみようと思います。
今回は、ソロCDアルバムとしては8枚目、デュオなども入れるともう18枚目でもあるので、共通すること、今回特別だったこと、を織り混ぜて書いてみます。
へ~( ・∇・)なんて思って読んでいただけたら嬉しいです。

今回は、朝からの調律&セッティングでした。
1.jpg


状況によっては、前日に搬入してセッティングなどをすることもあります。私自身も、遠いところだと前泊し、ホテル連泊で行ったこともあります。

ホールレコーディングの場合は、マイクからのコードを楽屋まで引き、そこにスピーカーなども置いてミキシングルームにすることが一般的ですが、今回は、同じステージ上にレコーディングエンジニアの酒井さんがいらっしゃり、録れたてテイク(録音した演奏)は、ヘッドフォンで聴く方式でした。
どちらの方法もそれぞれに好きです。



ここは、かながわアートホールで、ピアノはハンブルクスタインウェイのD274です。
274㎝のフルサイズのグランドピアノということです。
3.jpg

深々とした彩り豊かなピアノを素晴らしく調整、調律してくださいましたのは森さんです。
予定通りの11時きっかりに調律仕上がり後、まずは、試し弾きをした時に、懐の深い円満な人格のようなものを感じた楽器でした。今日1日のパートナーとして、そして何よりたくさんの人に愛されてきたブルクミュラー「25の練習曲」を奏でる楽器として、何とも理想的なピアノだなぁと喜ばしく思いました。




4.jpg

一日で25曲録音の予定です。
私の過去一番ハードなレコーディングは、3日間でCD2枚分・・・リストの巡礼年報スイス11全曲、リストバラード第2番、シューマンの子どもの情景全13曲、ドビュッシーのベルガマスク組曲全4曲、プーランクの8つのノクターン全8曲を録っていただいたことがあるのですが、いったいどういう体力気力精神力だったのでしょうね。
しかもすべて、当たり前ですけどがっつり暗譜で。


いまは、そんな無茶はできませぬ。(*^^*)

5.jpg


今回は一曲ずつは短いですけれど、
25曲一枚一枚異なる絵を描くように弾き、とことん伝えたいので、落ち着いて弾いていきたいなと思っておりました。



まずは25曲のどこから始めるかで
時間の流れもピアノの調子の変化も効率よく効果的に進むかなぁと考えるところから始まりました。

1番目からの数曲は、ごく少ない音のシンプルな曲もあるので、その曲の時にピアノの状態が良い感じにこなれて、音色がとっても瑞々しくなるように後半のとある曲から始めて、最後の25番まで来たら1番目に戻り、あとは順番に弾いていくことにしました。
8.jpg

テンションの高い曲、おだやかな曲
無垢な曲、のびのびとした曲などなど
演奏中の内面の変化の面でも弾いた順番はうまく作用したのではないかなと思っています。
9.jpg

さて!ここでクイズです!
どの曲から弾き始めたでしょ~か?

なんて、クイズに伴うプレゼントキャンペーンでもしようかしら。

いや、どうって意味はないけど楽しいからね。

10.jpg


さて、
レポート第二弾は
演奏そのものやその合間がどんなふうなのか、を
お話ししたいと思います。

ご興味がありましたら
ぜひ読んでください。\(^-^)/

あるじのお仕事・・例えば編

ミントの森Music School主宰
ピアニストの山本実樹子です。

あるじこと斉藤和久の今日は
コンサートマスターをさせていただいている
バッハ協会オーケストラのコンサートです。



今日のカンタータ。
バッハが今日のために作曲したカンタータです。
その日のカンタータを演奏するコンサートって
とても素晴らしい企画ですね・・・!!!!




暑いけど頑張って〜。




ちなみに昨日のお仕事は
この夏公開のアンパンマン映画のレコーディングだったようです。

守備範囲・・・広い!

別府公演終了御礼

moblog_71a26192.jpg
とても香りの良いシャボンフラワーをいただいたので
ちょっとヴァレンタインデー仕様にしつらえてみました。
バラの香りで気分もうっとり!!




あるじこと斉藤和久とともに
初めての別府公演でした。

なので、初めてあるじのヴァイオリン&ヴィオラを
聴いて頂いただかたも多くおられ
ご感想もたくさんいただきました。

アンケートにも
嬉しいご感想をいただいて感動いたしましたが
後からメッセージやFB記事として
ご感想を描いてくださった方もいらっしゃったので
その一部をご紹介させてください。

「ご主人のトークと、優しすぎる音楽に釘付けになりました。かなり、衝撃的なくらいに…です。」

「春の訪れを感じるコンサート、温かなものに包まれた時間でした🌷
一つ一つのお話に心癒され、語るように流れる音楽が温泉のスチームのように体の隅々に染み渡りました。
主人様の奏でる音色に、途中、涙をなんども堪えました。」

「山路を登りながら、こう考えた。
あらゆる芸術の士は人の世を長閑にし、人の心を豊かにするが故に尊とい」

「リスト、圧巻でした」

「ご主人の演奏を今回初めて聴かさせていただきました。
とても繊細で表情豊かなバイオリン、それに寄り添い、時には掛け合いながら、
温かな音色を紡ぐピアノ、2人の呼吸と演奏が会場の隅々まで届き、本当に素晴らしいアンサンブルでした。」


ありがとうございます。

毎日練習をしたり演奏をしたりという日々の中、
音楽の道のりの果てしなさと喜びを
また今回も痛感しつつ
たくさんの方の温かさに包まれて
とても幸せな時間でした。

主催者の方たちからも
お便りをいただきました。
貴重な機会に感謝でした。

moblog_04c1a93f.jpg



今日も読んで下さってありがとうございます。
良かったらぽちっとして下さい。
今日も良い日でありますように。
banner-2.gif

ブログランキング・にほんブログ村へ
ありがと(*^▽^*)、もういっこね

新聞記事~明日のコンサート~


主催者の方々が、ラジオや新聞でも広報活動をしてくださっていて、本当にありがたいです。

明日14時から
別府ビーコンプラザ国際会議場です。

いいお天気になりそうです。

今朝の庭
山茶花がきれいでした。



クライスラーやモーツァルトの傑作から
ショパン、リスト、
そして多くに方に愛されている慈しみに満ちた小品などなど演奏致します。


記事内容ちょっと訂正です。正確には
「ジャズなどまで幅広く演奏している」のは、あるじのほうなのですが、
多分資料を組み合わせて書いてくださったと思うので、そこは、お許しください。
読み流していただけるとうれしいです。



自宅近くの街路樹もさっぱりしていますね。
ちょっと寒そうだけど、青空に映えます。
プロフィール

山本実樹子

Author:山本実樹子
こんにちは!

ミントの森Music Schoolは松戸市小金原にあります。

木目猫足のグランドピアノのある心地よいサロンで楽しくレッスンを始めませんか?楽しいコースがいっぱい!

いつも笑顔の絶えない爽やかな場所を提供いたします。
毎日が元気で楽しくなる♪ピアノ教室です。
赤ちゃんから80代の生徒さんまで、そして、導入からプロの方まで学ばれています。今日もレッスンに来てよかったなぁと思ってお帰りいただけるよう、内容はもちろん指導法やケアなども常に勉強&工夫しています。

 赤ちゃんリトミック、楽しい英才クラス、月1回〜6回のピアノコース、大人のためのティータイム付きレッスン、などがあり、ピアノのレッスン時に、ソルフェージュや聴音、楽典もレッスン時に少しずつ行いますので、自然と広い基礎力が培われます。
3ヶ月に1度のマスタークラス(自由参加)、年に2回の発表会(自由参加)、月に一回の「子供達と音楽を楽しむ日」2ヶ月に一回の様々な楽器&ピアノによる「サロンコンサート」(子供の生徒は無料)などなど、楽しく為になるイベントもいっぱいです。
入会金8,000円お月謝9,000〜
コンクール参加に伴う追加レッスンについては、応援の気持ちで追加料金なしで行っています。


毎週決まった時間のレッスンだけでなく、
全月末に翌月の(スケジュールによってお互いの都合の良い)日時の設定でのレッスンも行っております。

 ピアノ&リトミック講師は、山本実樹子
です。ブログ「ピアニスト山本実樹子のmiracle日記」http://miramikko.exblog.jp/(ほぼ毎日更新中)も見てね。
プロフィールは
山本実樹子 Piano
桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)を経て桐朋学園大学音楽学部を卒業。米国ワシントン州立大学大学院に留学。園田高弘賞ピアノコンクール優勝し園田高弘賞を受賞。現在は、日本、アジア、ヨーロッパ各地でのリサイタルやレコーデイング、ソリストとしてオーケストラと共演している。国内外の演奏家との共演のほか、全国でのピアノコンクールでの審査、ユニークな視点でのピアノセミナー講師などを務めている。多数のCDリリース、絵本の出版、演劇脚本の執筆、ムジカノーヴァやショパン誌などの特集記事なども手掛ける。(社)PTNA ピティナ 全日本ピアノ指導者協会会員。これまでに、ピアノを井口秋子、富本陶、井上直幸、岩崎淑、小林道夫、ロビン・マッケイブ、園田高弘の各氏に師事。チェンバロとパイプオルガンをキャロル・テリーに師事。

松戸市にてミントの森Music School主宰。http://mintnomori.blog.fc2.com
ピアニスト山本実樹子のmiracle日記 http://miramikko.exblog.jp
インターネットラジオOTONamazu「山本実樹子のクラシックハッピネス」は毎週火曜日23時過ぎより配信中。


You tubeでの演奏動画も続々更新中です。
https://www.youtube.com/user/ARTRAmiramikko/videos?sort=p&view=0&flow=grid
ピアノが大好き、音楽が大好き、本を読むのやお絵描きがとても好きらしいです。
ヴァイオリン,ヴィオラ、室内楽の講師は、斉藤和久です。
斉藤和久 Violin Viola

 父の手ほどきで5歳よりヴァイオリンを、15歳よりヴィオラを始める。室内楽を安田謙一郎氏に師事。有田正広氏の演奏に感動し、古楽器に傾倒。またロバの音楽座のゲストプレーヤーを務め、楽しく心暖まる音楽を学ぶ。桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)、桐朋学園大学卒業後、新日本フィルに入団。6年後に退団し英国ロイヤルアカデミーサマーコースを受講し、アマデウスカルテット、ノーバート・ブレイニン氏の演奏及び指導に求めていた感性が共鳴し自身の演奏法を決定づける。松尾学術振興財団最優秀賞を二年連続受賞。大阪国際室内楽コンクール入選。サイトウキネンふれあいコンサートにヴァイオリンとヴィオラダガンバで出演、大阪フィルゲストヴィオラ首席、東京シティフィルゲストコンサートマスターなどで出演。現在、ソリスト、室内楽奏者として演奏する他、バッバ協会管弦楽団のコンサートマスターとしても20年に渡り演奏している。スタジオミュージシャンとしては小池弘之氏のアシスタントを務め、多くのドラマ、CM、映画、CDなどのレコーディングに携わる。他に、バッハ協会管弦楽団コンサートマスター。好きなプレーヤーは、ブレイニン、エルマン、ティボー、クライスラー、グラッペリ、モンク。

ミントの森Music Schoolの場所は、常磐線各駅停車


北小金駅から新京成バス小金4(バス案内所行き、乗車時間約6分)
「向原」下車徒歩2分です。ご遠慮なく教室見学や面接にお越し下さい。小金原4丁目です。メールでのお問い合せお待ちしています。
mint_no_mori♪yahoo.co.jp ♪は@に替えて下さいね。
ミントの森Music Schoolでは、2014年よりプロの演奏家による
「オーケストラの楽器を身近で聴こう!」シリーズのコンサートが始まりました。
フルート&ピアノ、チェロ&ピアノ、ヴァイオリン・ヴィオラ&ピアノ、ファゴット&ピアノ、ピアノソロなどでの、コンサート&パーティを行い、毎回満席御礼のご好評をいただいています。


山本実樹子は、わらべうたベビーマッサージの認定インストラクターでもあります。3組様以上で教室を開催できますので、お気軽にお声がけ下さい。プライヴェートレッスンも可能です。赤ちゃんが落ち着き、良く笑い、寝付きが良くなります。
また、赤ちゃんとのコミュニケーションがうまくとれないなどのお悩みも解決してゆきます。

また、シータヒーリング認定プラクティショナーとして、30分5000円でセッションを申し受けます。必要な方ご興味がおありの方はどうぞお申し込みください。


youtube 79歳の生徒さん「雨だれ」


youtube 子どもたちワークショップで作ったお話と音楽

youtube ノクターン遺作 ショパン

youtube  泉のほとりで F.リスト

youtube トルコ行進曲 Mozart

youtube 子犬のワルツOp.64-1 chopin


youtube 夢 Debussy

youtube くまんばちの飛行

youtube エリーゼのために

youtube メヌエット






現在の閲覧者数:

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブロとも一覧

ここちよく暮らす

nory's fun baking
ブロとも一覧

ここちよく暮らす

nory's fun baking
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
音楽
493位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
クラシック
36位
アクセスランキングを見る>>
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR